Page: 1/1   
FAIR TRADE FILM FESTIVAL
 


それまでの天気が嘘みたいにGWがはじまってから
心地よい日が続いていますね♪
この連休みなさまはどこかにお出かけされていますか?
旅行にいっている方や故郷に帰省されている方もいらっしゃるかもしれませんね
また近場でゆっくりなんて方やGWはお仕事って方も多いのかなぁ

GW前には話題作も封切りされたので映画を見るかたもいらっしゃるかなと思うのですが
このGWのあとに私もぜひ足を運ぼうと思っている催しがあるので
映画好きなかたはこちらもぜひ!

FAIR TRADE FILM FESTIVAL
5/11~5/15 渋谷のUP LINK FACTORYにて開催される
世界のアンフェアとフェアトレードについて知る5日間
開催中は6本の映画とトークが予定されています
日によってメニューが違うので
詳しくはこちらでご確認くださいませ

http://www.uplink.co.jp/factory/log/003534.php







| sipilica | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Organic Cottonでオーガニックを考えた
 

私事で恐縮ですが今年のはじめころ妹夫婦に赤ちゃんが誕生しました
これはめでたい!ということで叔母さんはお祝いとして
いつも出店のときなどお世話になっているメイドインアースさんの
ベビー布団一式を用意しました

このお布団は外側の生地はもちろん中綿から縫い糸にいたるまで
すべてオーガニックコットンが使用されていて
赤ちゃんは寝るのが仕事と言うくらいでお布団で過ごす時間がながいし
お部屋に漂うホコリもお布団から出るものが多いと聞くしで
やはりオーガニックコットンがいいかなと言う妹夫婦のリクエストもあり
このお布団を選びました

さて、もうすっかりメジャーな存在となったオーガニックコットンですが
そもそもなんでオーガニックコットンを選ぶことが
人と地球にとってやさしい選択になるのでしょうか?

それはもちろんオーガニックコットンの風合いや肌触りが良いと言うことや
その製造過程において化学物質に汚染されるリスクが低いということも大きな理由だと思うのですが
それと同時に従来の綿の栽培方法がかかえる問題にもその理由があります

コットンといえばナチュラルなものの代名詞のような存在ですが
残念なことにその栽培においては種まきから収穫にいたるまで
大量の農薬が使用されることが多く
栽培に従事する方の健康やその畑や周囲の環境に
深刻なダメージを与えてしまうこともあるようです
(世界中の農地の面積のうち綿が栽培されているのはわずか2%
その2%の面積に世界中で使用する農薬の25%が使われているそうです)

コットンに限らず「オーガニック」と言う響きは
時に赤ちゃんやお子さん、デリケートな体質の方や
自身の健康に特に気を使っている方むけのものというふうに
受け止められてしまうことがあるように感じるのですが
丸い地球はどこかでつながっていて
こうして水や大気などをみんなでシェアしているということは
誰にとっても無関係なことではないんだなぁと思います


まぁボクにとってはそんな理屈は抜きで寝心地良いようです


| sipilica | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お味噌作りと大豆のお話
 

今年も味噌を仕込む時期がやってきました
寒い冬の日にたくさんの大豆を茹でながら立ち昇る湯気を見ていると
まさに心も身体もあったかになります
一つのお鍋では入りきらないので今年は台所のガスレンジと
石油ストーブの上と二ヶ所でコトコト、、、だいぶお部屋もあったまりました

私が味噌作りを始めたのは自然食品を扱うお店で働いていた頃
もう6,7年ほど前になります
はじめはお味噌なんて自分で作れるのかなと不安だし
成功したかどうかわかるまで1年もかかるなんてと
ドキドキしながら仕込みましたが
作ってみると手をかけただけのことはあるなと嬉しいできばえ
それ以来我が家の冬の恒例行事となりました

お店に行けば大豆や麹など材料を厳選して
昔ながらの本当にナチュラルな作り方をしている
すばらしいお味噌があるので時にはそれらのお味噌とあわせ味噌にして
たのしんでいるのですが当たり前の事に家で作ったお味噌は余計なケースなどもないので
ゴミがあまり出ないのもうれしいところ(大豆の袋などは出ちゃうけど)
私が子供の頃は近所の酒屋さんでお味噌を買っていて
大きなしゃもじみたいなヘラですくって量り売りしてくれてたなぁ
今もそういうお店も残っているみたいだけど
またそれが普通になるくらいに復活して欲しいものです

お味噌を仕込みながら考えていたのですが
日本人はつくづく「米と大豆」だなと思います
お米は主食なのでもちろんですが大豆もお味噌、しょうゆ、豆腐とその仲間、油などなど
私たちの食卓は大豆でいっぱい!本当にお世話になっています
だけどこの大豆の自給率はわずか5%ほどとの事
国内であまり大豆が作られないのは一部のブランド物以外は
価格が安くて割りにあわないのが大きな理由のようです

食品に限らずいろんな面で輸入のものが魅力的に見えることもままあるし
私ももちろん輸入されているものを食べたり使ったりしているので
全部が国産でないと!というのはむずかしいなとは思うけど
昔から日本人の身体を作ってくれていた大豆くらいは
(農家さんがちゃんとやっていけるお値段で)
国産のものが主流になってほしいなと
やわらかく茹で上がった大豆をつまみ食いしつつ考えていました
| sipilica | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブルー・ゴールド
 

「ぜひ」というより必ず観て欲しい映画
ブルー・ゴールド

私たちの生命も地球もすべてが水があるからこそ存在していられる
何ものにも変えがたい水

その水を取り巻く問題は誰一人関係ない人はいない
私たちは水の豊かな先進国で暮らしているからこそ
この問題を決して無視してはならないと思う


私はできるだけ多くの人にこのことを伝えたいと思います

http://www.uplink.co.jp/bluegold/


ちなみにこの映画、かなり情報量が多いです
環境問題について感心のある方なら断片的にでも
知っていることも多いと思いますが
それらを1本の作品にまとめ上げているので
俯瞰的に状況を見ることができます
でも「わ〜っ」っと情報にさらされて圧倒されちゃう面もあるので
あとから関連する本で細部を確認すると良いかもしれません
| sipilica | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
肌をまもるもの
 

Beautiful Lifeと銘打ったカテゴリーの中で
最初にご紹介するのはオーガニックコスメ

ここ数年基礎化粧品はWELEDAのものを愛用していましたが
この冬からはリップクリーム以外はMARTINAに浮気中
乾燥の気になる冬の肌をウールワックス(羊毛からとれる油脂)がまもってくれてます

これらのオーガニックコスメは
自然界に存在する原料、有機栽培された植物などを使用する
化学的に合成された材料は使わない
動物実験は行わない
過剰な包装をさけたり、再生可能な容器を使用するなど
人や地球に負担をかけないような配慮がなされています

いま私が使っているものは外国製のものばかりですが
このほかにも国産のオーガニックコスメもいろんなメーカーが
良い商品を作っていてその種類もここ数年でずいぶん増えているように感じます

「オーガニックの化粧品」というとなんだかすごく高価そうな響きにも感じられますが
一般的に販売されているものとそう変わりないお値段でつかいやすく
元々の肌の持っている生命力というか
健康的なうつくしさを引き出してくれるような感じがします


私自身は不精な性格のせいであまり美容には熱心ではないのですが
自分の肌につけるものだから安心なものをと思う以上に
「きれい」のために使う化粧品だから
地球とその上に暮らす命にとって「美しい」ものを選びたいなと思っています
| sipilica | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
美しいということ



満月からスタートした2010年
今日は最初の新月の日です
美しいリズムをくりかえす月がこれからだんだんと満ちていく
新月の日は何かを始めるのにふさわしい日であるように感じます

そんなはじまりの日にSipilicaでも2つのことをはじめたいと思います

まず一つめは本日より2010年のアトリエの営業を始めます
本日の営業時間は13:00〜17:00
今年もまたアトリエでたくさんのお客さまに
のんびりゆったりSipilicaの空間をたのしんでいただけたらと思っています

そしてもう一つはこの日記から始まる「Beautiful Life」というあたらしいメッセージ

昨年の夏ご縁があって、えびはらよしえさんにお誘いいただいたイベントで
宇梶静江さんとタシナ・ワンブリさんのお話を聞く機会にめぐまれました
この日のお二人のお話はいずれも私の心に深く刻まれ
とてもたいせつなものになっているのですが
その中でもとくに印象に残ったのがタシナ・ワンブリさんのお話のなかの
「美しさに生きる」という言葉

この「美しさ」という言葉、ただ表面的な美しさをあらわすだけの言葉ではなく
その中にはやさしさや公正さ、うれしさやたのしさそして厳しさまでも含んだ
人間の本来あるべき(「あろうとするべき」かも知れません)姿が表現されているように感じます
そして「Sipilica」というブランド名もその意味は「とてもうつくしい」
美しいと感じる心こそが地球やすべての命を思いやる気持ちにつながるという
思いをこめてつけた名前、そう「美しい」と言うことは
Sipilicaの考えるエコや公正で平和な社会の大きなキーワードなのです

そこでこの「Beautiful Life」では普段の暮らしの中で
私が取り入れているエコでフェアな品物やちょっとしたアイデア
私のすばらしい仲間たちに教えてもらったこと
「美しさに生きる」ために心がけたいと思っていることなどをご紹介していきたいと思います

とはいえ私自身の「Beautiful Life」もまだまだ発展途上
あんまり気張らずに伝えていきたいなと思っていますので
もし皆さまもすてきなモノやよいアイデアそしてご感想などがありましたら
おしえていただけたらうれしいなぁと思っています
Sipilicaでつながって下さったみなさまと一緒に
「美しさに生きる」ことができたらしあわせだなと思います

| sipilica | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode